So-net無料ブログ作成

「王になった男」 [映画]

ouninattaotoko.jpg
〔2012年/韓国〕


1616年。
朝鮮王朝15代目の王・光海君(イ・ビョンホン)は、
暴君として怖れられ、
また本人は、いつ暗殺されるかもしれぬとの疑心暗鬼から、
周囲の者を誰も信じなくなっていた。


光海君は、暗殺への怯えから、
自分の影武者を立てる事を思い付く。
そして白羽の矢が立ったのが道化の男・ハソン。
ハソンは光海君と瓜二つ。
影武者にはうってつけだ。


そんな折、光海君が、
何者かによって、芥子の中毒にさせられるいう事件が発生。
毒物とは違い、発見できなかったのだ。
早速、ハソンが呼ばれ、
影武者としての日々が始まる。


王の椅子に座ったハソンは、
最初は戸惑い、
言われるままに任務をこなしていったが、
次第に腐敗した政治に気付き、
それを改めるよう命じる。


影武者の事を知らない周囲の者は、
人が変わったような王に驚き、
不審に思い始め・・・。





イ・ビョンホンが一人二役を演じるという、
彼のファンにとっては美味しい映画。
一部のサイトでは、
「そ、そこまで!?」と思うほど評価が高い。
本当に映画の出来が素晴らしいのか、
熱心な韓流ファンのおかげなのかは、
ちょっと私には判断がつかない。


と、人の事を言ってはいるが、
私も、韓国人俳優でたった一人好きと言えるのが、
ビョンホンで(笑)。
普通に、俳優として彼が好き。
映画だけで、ドラマは一つも見た事がないんだけど。


映画は、最初の想像では、
かなりシリアスなのかと思っていたけれど、
そのような事もなく、
コミカルな場面も多い。


特に、ハソンが影武者として、
本格始動した頃、
民間人には考えられないしきたりに戸惑う、その様子は、
いつものスカしたビョンホンじゃないみたい(笑)。


独裁政治の内側を知った民間人が、
その矛盾や、おかしな点に気付くのは当然で、
それを正したいと思うのは自然な気持ちだろうから、
話として新しくはなかったけど、
そこをビョンホンが上手く魅せる。


観ている者は、
「この人が王様だったら、どんなにか素晴らしい国になるだろう」と
思わされる。
ずっとこのままだったらいいのに、と。
もちろん、そうはいかないから、
映画は面白いんだけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画