SSブログ
前の5件 | -

「大阪町人」 [映画]

oosakachonin.jpg
〔1942年/日本〕


大阪の豪商・天野屋利兵衛(羅門光三郎)は、
妻や、幼い息子、
使用人たちと幸せに暮らしていた。


そんなある日、利兵衛は、
大石内蔵助から、
武器の調達を依頼され、
それを請け負う。


ところが、奉行所にそれがばれ、
捕らえられて、
「依頼主の名を言え」と、
激しい拷問にかけられる。


頑として口を割らない利兵衛に、
奉行所は、
彼を妻をも連れて来させて、
説得させるが・・・。





80年前の大映の映画。


「天野屋利兵衛は男でござる」という
決め台詞で有名な、
忠臣蔵のスピンオフ、といった作品で、
武器を調達した、
商人・天野屋利兵衛の、
実直な性格を描いた佳作。


なにせ利兵衛は、
武器調達の嫌疑をかけられ、
拷問を受けるも、
黙秘を貫く。


その理由は、
「商人たるもの、依頼主との信頼関係こそが命。
 守秘義務は死んでも守る」
というもの。
現代の、何でもかんでもyoutubeで暴露するような時代からすると、
これぞ人間の鑑。
(いや、現代は現代で楽しいが(笑))


さらに、利兵衛の妻も、妻の鑑。
彼女は、奉行所に脅されながらも、
「夫の商売に、妻の口出しはご法度。
 奥に引き込んでいるわたくしに、
 何を知っている事がございましょう」と、
言い通す。


実は、妻は本当の事を知っている。
利兵衛は、決して妻に何かを話したわけではないが、
利口な彼女は、
そんな事はお見通しなのだ。






この映画は、今年で4回目を迎えた、
「浪曲映画祭」で上映された1本で、
映画上映の後、浪曲が披露されるというイベントです。


rokyokueigasai.jpg


浪曲の演目は、
「天野屋利兵衛」。
浪曲師は、天中軒雲月さん、
そして、
三味線は、沢村美舟さん。


IMG_4858.jpg


浪曲では、
映画では描かれていなかった、
利兵衛の息子への拷問が語られ、
ちょっと驚きました。


奉行所は、利兵衛の口を割らせるために、
彼の幼い息子を、
彼の目の前で、
火責めにするという、
酷い話で。


私は浪曲は、
昨年の「第3回浪曲映画祭」の時に、
「雲右衛門とその妻」の後に披露されたのを聞いた、
 ↓
https://aomikamica.blog.ss-blog.jp/2021-06-29
2回だけで、
(ブログには書いていない)
全くの素人なのですが、
映画の後なので、
ストーリーも分かり易く、
楽しめました。


評価 ★★★★☆

nice!(107)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「顔役」 [映画]

kaoyaku.jpg
〔1971年/日本〕


刑事・立花良太(勝新太郎)は、
博打はする、
ストリップ小屋に行く、
会議には出ない、
など、
破天荒な男。


しかし、独自の捜査方法で、
刑事としての能力は一流。
だから、
多少の事は許されている。


立花は、
ある信用金庫の不正融資事件に
関心を持つ。


そこには、裏で、
暴力団・大淀組と入江組が絡み、
ついには、
拳銃乱射事件が起こってしまう・・・。





勝新太郎さんの、
初監督作品という事で、
観に行ったのだけれど、


すみません、
ちょっと私には合わなかったようです。


というのも、
ストーリーがどうの、というより、
映像が、
最初から最後まで、
これでもか、というくらいの、
アップの多用で、


言い方は悪いのだけれど、
映画のセオリーを知らない、
ど素人が撮ったような感じで。


いや、エラソーで申し訳ないです。
私だって、映画のど素人。
カメラがどうの、映像がどうの、
なんて、勉強したわけじゃなし、
知ったかぶった事は言えないのだけれど。


でも、何も知らないからこそ、
感じる違和感というのもあるわけで。


大きなスクリーンに、
脂ぎったオッサンたちの、
顔の毛穴が見えるような
アップの映像が、
ずっと続くって、
ちょっとした拷問よ(笑)。


さらには、
勝さんが、足の指の間に水虫の薬を塗る場面まで、
どアップって、
勘弁してくれって気持ちになるでしょう?(笑)。


それに、
そんなアップの多用のせいで、
全体像が掴みにくい。
例えば、部屋の中で、何が起きているのか、
他の出演者たちは、
どんな表情をしているのか、などが、
観たいのに、観られない。


ただ、ネットの評価を見ると、
その素人っぽいカメラワークを
面白いと評価されている方も多いようだ。


破天荒な勝新さんらしさ、
誰も真似できない、
これぞ勝新だ、と。


映画はストーリーが命の私には、
そういう風に考えられないのが残念。


評価 ★★☆☆☆

nice!(118)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・六郷土手駅 [23区内全駅制覇]

【23区内全駅制覇・各駅編】


第68回目の掲載は、
 ・京浜急行
「六郷土手駅」です。


IMG_3982.jpg
「六郷土手駅」は、
京浜急行の、東京都の端っこの駅ですね。
次の駅は、神奈川県の「京急川崎」です。


IMG_4001.jpg
駅名の通り、
駅からすぐに、多摩川の土手があります。
右側がJR。


IMG_3994.jpg
左側が京急。


IMG_4005.jpg
この、京急の橋が、
ビックリするくらい低いです。
ちびっ子の私でもこんななのですから、
背の高い方は、確実に頭をぶつけます。


IMG_4010.jpg
真下から、電車の通る様子を
体感しようと思ったのですが、
その恐怖感、ハンパなかったです。
想像以上の轟音に、
「絶対大丈夫」と思ってはいても、
電車が走り切るまで留まっていられませんでした。


IMG_4013.jpg
「六郷橋」を渡り、
歩いて県境を越えてみます。


IMG_4014.jpg
東京 ⇔ 神奈川の県境を、
歩いて越えるのは、
「二子玉川駅」の時以来、2度目です。
 ↓
https://aomikamica.blog.ss-blog.jp/2019-10-16


IMG_4019.jpg
川の方に下りてみたいと思ったのですが、
この、コンクリートとベンチの壊れ具合から、
やめた方がいい、という本能に従いました。


IMG_4022.jpg
穏やかで、ゆったりとした多摩川。


IMG_4025.jpg
川崎市に着きました。


IMG_4033.jpg
川に沿って走っているのは、
京急大師線ですね。


IMG_4034.jpg
橋の反対側から、東京に戻ります。


IMG_4038.jpg
こちらは、
元は何のお店で、何という名前だったのでしょう。


IMG_3986.jpg
住宅街に一軒だけある八百屋さん。


IMG_3987.jpg
「第一岐阜館」って、
何のご商売だろうと思い、
帰ってから検索しましたら、
男性専用の旅館のようです。
一泊1,900円!
超格安ですね。


IMG_4042.jpg
JRの線路下に連なる、飲み屋さん。


IMG_3990.jpg
「餃子酒家 KOURAN」さんでお食事。


IMG_3988.jpg
二色餃子定食をいただきました。
「黒餃子」にかかっているのは、胡麻、
「赤餃子」にかかっているのは、唐辛子です。
「赤餃子」は見た目ほど辛くなく、美味しいです。
お店の方がとても優しく、ご親切でした。





--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。

--------------------


2018年の4月から12月まで、
「23区内全駅制覇」というカテゴリーで、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2010-09-22-12
路線ごとに、駅名表示板を並べて、
掲載していたのですが、
次は「2周目」という事で、
今度は各駅の周辺を、もう少しゆっくり歩いてみたいと思います。


条件は特にないのですが、
駅周辺の雰囲気や建物を見たり、
それから、お食事かお茶ができればいいな、
と思っています。

nice!(153)  コメント(20) 
共通テーマ:映画

「エターナル」 [映画]

eternal.jpg
〔2017年/韓国〕


大手証券会社の支店長・ジェフン(イ・ビョンホン)は、
幼い息子に英語を身に付けさせるため、
妻と息子だけをオーストラリアに行かせ、
自身は韓国で仕事に励んでいた。


しかし、会社が不良債権を出し倒産。
地位も収入も失ったジェフンは、
傷心のまま、
アポなしで、
オーストラリアの妻の家へ。


すると、
ガーーーーーン。
なんと妻が、
現地の白人と、
まるで夫婦のように親しくしているではないか。
息子もその男が実の父親のように
懐いている様子。


ジェフンは、
妻に声を掛ける事が出来ず、
家の周りをうろつくが・・・。





ど、どうした?
イ・ビョンホン。


2005年、
友人に誘われ、
仕方なく観に行った、
ビョンホン主演の「甘い人生」。


ところが、
ハードボイルドな、
カッチョいい演技に、
「意外といいな」と思い、
「韓国映画、観ず嫌いだったのかも」と思い直し、
以来、彼の作品はチェックしてきたのだけれど、
この映画の情けない事ったら。


勤めていた会社が潰れる。
それは仕方のないことだ。
自分の会社は絶対大丈夫なんて
言い切れる人は、この世にいない。


けれど、
別居している妻が、
白人男とイチャイチャしているのに、
声も掛けられず、
始まりから1/3は、
妻の家の周囲をグルグル歩いているような印象。


私の勝手なイメージだけど、
韓国のかたは、
激情型の性格の人が多くて、
そんなことになったら、
刃傷沙汰必至な気がするんだけど、
案外、そうでもないのか。


次の1/3は、
妻や、白人男の後を付けて回るビョンホン。
なんてまだるっこしい。
「てめーら! 何やっとんねん!」
と、殴りかかってもおかしくない状況だというのに(笑)。


いや、ビョンホンも、
どこか後ろめたい気持ちがあるのよね。
息子の語学のためとはいえ、
妻はオーストラリアに行くのは、
乗り気じゃなかった。
それを強引に行かせ、
自分は仕事に熱中していたのだから。


他にも、
不法滞在する、
韓国人の女の子などが絡んできて、
そうきたか、というラスト。


評価 ★★★☆☆

nice!(139)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「君を想い、バスに乗る」 [映画]

kimiwoomoibussninoru.jpg
〔2021年/イギリス〕


90歳のトム(ティモシー・スポール)は、
最愛の妻・メアリーを亡くし、
失意のどん底にいる。


トムは、高齢者用のフリーパスを使い、
路線バスを乗り継いで、
旅に出る事を決意する。


行先は、
メアリーとの恋が始まった場所、
「ランズエンド」。
自宅からは1,350キロも離れている。


かくして、トムは出発したが、
道中、
様々な出来事に遭遇し・・・。





90歳の老人・トムが、
妻との思い出の場所に向かって、
1,350キロの道のりを旅する物語なのだけれど、
地図で計測してみたら、
日本なら、直線距離で、
青森から鹿児島までという、大変な長さ。
90歳が、路線バスだけでそれを実行するとは、
いかに大変か、想像できる。


あぁ、面白いな、
と思ったのは、
このトムさん、
スマホというものを持っておらず、
っていうか、
その存在さえ知らないような感じで、
俗世間の喧騒とはかけ離れた、
我が道を行くという様子なところ。


途中、
良い事、悪い事、
それはもう、様々な事があり、
それでも、
なんとか乗り越えて、
目的地まで、
少しずつ、
歩を進めるのだけれど、


実は、そんな彼の事が、
ネットで拡散され、
みんなが彼を見守っている。


しかし、
トムさん自身は、
そんな事は露知らず、
目的地「ランズエンド」で大勢の人が詰めかけているのを見て、
きょとんとしているのが面白い。


映画の演出は、
動画拡散の場面は、
最小限に抑えられているので、
「ランズエンド」の場面では、
観客も、驚けるようになっている。


トムさんは、旅の途中で、
度々、メアリーとの愛の日々を思い出す。


楽しかった事、
辛かった事・・・


人には人の数だけ物語があり、
その人の人生においては、誰もが主人公・・・
私が90歳になったら、
どんな風に人生を振り返るのだろうと思ったり。


バスの中で、
最悪の酔っ払いが、
女性に絡み始め、
トムさんが、それを注意したら、
その酔っ払い、
今度はトムさんに矛先を向ける、という場面があった。


最初は、事の成り行きを黙って見ていた、
他の乗客たちだけど、
トムさんの勇気に触発され、
最後は、一致団結して、
「バスから降りろ!」
「そうだそうだ!」の大合唱。
酔っ払いは、降りるしかなかった。
(その動画は、全世界に拡散された(笑))


紳士の国、イギリスにも、
ああいう輩がいるんだなぁと思ったし、
トムさんや女性に怪我がなくて良かった。
みんなが嫌な思いをせずに暮らせたらいいのに。


評価 ★★★★☆

nice!(133)  コメント(16) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -