So-net無料ブログ作成

「銀嶺の果て」 [映画]

ginreinohate.jpg
〔1947年/日本〕


志村喬、三船敏郎、小杉義男の3人は、
銀行で金を強奪し、
冬の北アルプスに逃げ込んだ。


温泉宿に入った3人だが、
客の一人に、正体を見破られ、
さらに雪深い山奥に。


追ってきた警察から逃れようとする途中、
小杉が雪崩に巻き込まれ、死ぬ。


警察隊を撒いた志村と三船は、
雪の中にポツンと建っている小屋を見つける。
そこで暮らす老人と少女と、山男・河野秋武。


数日を過ごすうちに、
優しい志村に、少女は懐くが、
常にイライラしている三船は、
河野に拳銃を向け、
麓におりる案内をしろと脅し・・・。





3人の銀行強盗が北アルプスに逃げ込んだ後の
出来事を描いた、
地味な映画だけれど、
中々面白く見入ってしまう。


脚本を手掛けたのが、
黒澤明さんだという。
黒澤さんは監督だけでなく、
手懸けた脚本も、とても多い。
やっぱり凄い人なんだなぁ。


しかも、これが三船敏郎さんの映画デビューであり、
黒澤さんとの出会いでもあると言う。
様々な面において、
記念的な映画なのね。


3人組の強盗のうち、1人が死んだあとは、
志村喬さんと、三船さんの対比となる。
優しく穏やかな志村さんに対して、
まだ若く、ギラギラしている三船さんは、
イラ立ちを隠せない。


そして、すんごく図々しい。
山小屋で世話になっているというのに、
「客なのに、一番風呂に入れないのか?」だと(笑)。
泥棒がどの面下げて、
そんな事を言うか。


三船さんのイケメンっぷりが、
そんな役にめっちゃ合ってて、
いいデビューだったんだなぁと思う。


山小屋の少女と志村さんの心の交流がいい。
少女がかけるレコード、「My old Kentucky home」が
なんとも郷愁を誘い、
オチでも素晴らしい使われ方をしている。


3人が最初に泊まった温泉宿で、
一人の客が、
3人がニュースになっている強盗ではないかと疑って、
障子の隙間から見張るんだけど、


分かるなぁ、その気持ち(笑)。
好奇心旺盛な私は、
コミカルにも思える、そんな場面にワクワクする。


犯人の1人は、薬指と小指が無いらしいと
ニュースで知ったその客は、
何とかしてそれを確かめようと必死(笑)。
危ない危ない。
でも、危なくても、
好奇心には勝てないのよね(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(133)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画