So-net無料ブログ作成

「僕のワンダフル・ジャーニー」 [映画]

bokunowonderfuljourney.jpg
〔2019年/アメリカ〕


犬のベイリーは、
飼い主の、
イーサン(デニス・クエイド)と妻のハンナが
大好き。


現在、イーサンたちと一緒に暮らしている、
ハンナの娘・グロリアと、
グロリアの娘・CJ。


グロリアは、CJを妊娠中に夫を亡くし、
荒んだ心で生活している。
ベイリーは、
イーサンとハンナから、
「CJを守ってあげてね」とお願いされている。


ところがある日、
グロリアは、
CJを連れて、出て行ってしまう・・・。





試写会で観た。


「僕のワンダフル・ライフ」の続編。


前作で、飼い主のイーサンを愛するあまり、
50年で3回も生まれ変わったベイリー。


この物語の面白い所は、
生まれ変わるベイリーの犬種が同一でなく、
性別も男の子に限らない、という点。
つまり、私が生まれ変わった時、
アメリカ人の男性になっていたようなもの(笑)。


本作は、感動だった前作の終わりから始まる。
やっと結ばれたイーサンとハンナだけど、
ハンナの娘・グロリアは、
妊娠中に夫を亡くしたせいで、
世の中全体を恨んでいるようなところがあって。


イーサン夫妻が、どんなにいいアドバイスをしても、
グロリアの心にはまるで響かない。
それどころか、ひねくれた受け止め方をして、
激しく怒り出す。


で、ついに家を出てしまうわけだけど、
ベイリーは、
グロリアの娘・CJを守る、というミッションを忘れず、
生まれ変わって、10歳になったCJに飼われるようになるんだな。


前作では、ベイリーの生まれ変わりは、
50年で3回だったけど、
今回は、スパンが短い(笑)。
25年ほどの間に、3回。


まぁ、主役がCJで、
赤ちゃんの時から、年頃になるまでだから、
そこは、仕方ない。


ベイリーの愛らしさ、
健気さ、
イーサンを思う気持ち、
そして、言葉を持たない動物の、
そこはかとない哀しみが伝わってくる、
とてもいい映画。


前作より、
ちょっとテンポが早いのが気になったけど、
動物を愛する人、
生まれ変わっても、また会いたいと思える人がいる人なら、
きっと感動できると思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(121)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 121

コメント 12

ヤマカゼ

今回は心優しい講評ですね。それだけ感動した映画なんですね。
by ヤマカゼ (2019-09-09 18:41) 

旅爺さん

映画は面白そうでしたが台風は猛烈な風雨で恐ろしいほどでしたね。
by 旅爺さん (2019-09-10 06:23) 

mitu

前作も是非見てみたいです。
愛情ホルモン(オキシトシン)がいっぱい出て、癒されそうです(^^♪
by mitu (2019-09-10 07:51) 

Ginger

観る前から泣いてしまいそう。。。
by Ginger (2019-09-10 11:29) 

わたし

ワンダフルライフ、久々に感動して泣いた映画です!
これも絶対観たい、もうすぐ公開ですね、楽しみです。
by わたし (2019-09-11 21:02) 

裏・市長

いやぁ~皆さん、心やさしきコメントが
ズラリ並んでいます。やはり、コメントには、
その人の人間性が現れるというものです。
わかります、えぇ、わかりますとも。


なんだよ、この「犬」だから、
「ワン」ダフルっちゅうような安直なタイトルは!?。
一発で犬映画だとわかるじゃねぇか。
やはりここはひとひねり欲しい。

映画も小説も導入部が大事。
つまりは「ツカミ」というヤツだ。
最初の5分、2ページがキモよ。
そこで観客、読者を引き付けられなければ、
続けて観る、読む人はいないだろう。

たとえばこの映画のタイトルをボクがつけてあげよう。

「ニャンともクマった!」。

どう?よくなくなくない?。
え?ポスターは犬なのに、ニャンって猫?と、
思わせておいて、延々と犬映画。

で、熊はどこに?観客を放置したまま上映終了。

もう、青山実花さんのようなクママニアからは
ブーイングの嵐!金返せコール殺到!。

でも、ほかの多くの人々からは、
「こりゃあ一本、とられましたな!ワッハッハ」。
これでおしまい。

つまりは恋の駆け引きと同じ、騙したモン勝ちよ。

これからはオレに映画のタイトル付けはまかせな!。
日本の観客をアッと言わせてやるぜ!。
ご用命はこちらのブログのコメント欄か、
青山実花さんがお勤めの図書館までどうぞ!。

by 裏・市長 (2019-09-12 12:08) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

とても心温まる物語でした。
機会がありましたら、ご覧になってみてくださいね^^

by 青山実花 (2019-09-17 13:06) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

台風の日、
旅行に出ておりまして、
どんな状態だったか、分からずにいました。
台風とはすれ違いだったようです。

by 青山実花 (2019-09-17 13:07) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

この映画は、絶対1から観た方がいいと思います。
mituさんなら、きっと感動されると思います。

by 青山実花 (2019-09-17 13:07) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

動物をこよなく愛するGingerさん、
絶対観てほしいです~。
ほんと、涙涙でしょうね。

by 青山実花 (2019-09-17 13:08) 

青山実花

わたしさん
コメントありがとうございます。

ワンダフルライフ、良かったですよね^^
どうぞ、続編のこちらもぜひ観てくださいね^^

by 青山実花 (2019-09-17 13:08) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そりゃあ、あなた、
ソネット会員の皆様は、
人間の質が高いと、ネット業界では
有名ではありませんか。
一人のストーカーを除いて。


たしかに、このタイトルは安直ですわね。
やはり、
このわたくしが飛びつくようなタイトルを
付けなければなりません。

で、考えました。

「OH!シャンゼリゼでシャンデリア、上海でシャンプー」

というのはいかがでしょう。

これは当然、
わたくしが世界で一番愛する動物、
シャンシャンにかけているのです。

1つのタイトルの中に、4つも「シャン」が入っていたら、
「お!これは、シャンシャン主演の映画かな」と
直感しますね。

で、劇場に行ってみると、
奈良の図書館が舞台の、
家族割引の映画だった、なんて事になったら、
わたくしは、怒りますわよ。

何がシャンゼリゼだ、何が上海だ、
大和高田市じゃねーか、って。

では、わたくし、
今から、上野に出掛けてまいります。
ごきげんよう。

by 青山実花 (2019-09-17 13:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。