So-net無料ブログ作成

「アーティスト」 [映画]

artist.jpg
〔2011年/フランス〕


1920年代のハリウッド。


映画界の大スター・ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)の
生活は順風満帆。
出演する映画は必ずヒットし、
豪邸に住み、
高価な調度品に囲まれ暮らしている。


ある日、年頃の女の子が、
偶然ジョージと一緒に写真に撮られ、新聞の一面を飾った。
彼女の名前はぺピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)。
女優になる事を夢見ている。


楽屋で再会した2人。
ジョージはぺピーに、
「スターになるには何か特徴が必要」と進言し、
彼女の唇の上に、ペンシルでホクロを書いてくれる。


時代は、サイレント映画からトーキー映画への過渡期を迎え、
その波に乗ったぺピーは、
スターへの道を歩み始める。
しかし、観客の心が読めなかったジョージは、
サイレントにこだわり、
人気は凋落してゆく。


落ち目になったジョージは、
妻に去られ、
安アパートに引越し、
持ち物をオークションで売り払うまでになる。
たった一人の味方の運転手・クリフトン(ジェームズ・クロムウェル)の
給料も払えなくなり、
絶望のどん底に喘ぐジョージ。


今や大スターになったぺピーだったが、
彼女はいつも、遠くからジョージを見つめていて・・・。





期待通りの、
オシャレで可愛い映画。
嫌味がなく、ストレート。
どなたでも楽しめると思う。


サイレント映画だが、
100%そうではなく、
ほんの一部、音や声が効果的に使われていて、
それがまた、面白い。


ストーリーはいたって簡単。
落ち目のスターと、新進気鋭の女優との対比であるが、
スターの方に嫉妬心はなく、
ただ、彼自身が感じる悲しみが描かれているだけなので、
不快にはならない。


ベレニス・ベジョがとにかく魅力的。
口が大きく、
一般的にいう、いわゆる“美人”ではないが、
笑顔が素敵で、とても可愛い。


ジャン・デュジャルダンの雰囲気も、
古い時代のスターのイメージにピッタリで、
とても良い。
口ひげのせいもあり、
クラーク・ゲーブルにちょっと似ている・・・
と言ったら、褒めすぎか?(笑)


ワンちゃんがびっくりするくらいお利口。
どう教えたら、あんな演技ができるのか、
ただただ、驚くばかり。


サイレント映画からトーキー映画への過渡期を
描いた作品といえば、
名画、「雨に唄えば」を思い出すが、
やはり、どんなものでも、
その過渡期というのは、様々な混乱があったのだろう。


最近、古い映画へのオマージュを描いた作品を
よく観る気がする。
3DやCGを駆使した作品も、もちろん良いけれど、
ちょっとだけ原点に回帰してみようという、
無意識の心の表れと見た。
(勝手に分析(笑))


評価 ★★★★☆

nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 6

コザック

よかったですね☆
音楽もよかったけど、本当にサイレントと効果音まですごく練られていた至極の構成でした。(ホメスギ)
ワンちゃんも人の心を持っているかのようにユーモアも感情もありましたね。
アカデミーも納得の作品でした。
by コザック (2012-04-13 00:51) 

yonta*

このチラシを映画館でもらってきて、
すぐ壁に貼って、とても楽しみにしていました。
そんなことしたの何年ぶりだろう(笑)。
それで、ついさきほど観てきました。
楽しみにしたいたわりにはずいぶん遅いですが・・^^;

ほんとうにジャン・デュジャルダンは、モノクロ映画のスターの
雰囲気でしたね。
ほんの少しの「声」の使い方もうまいなあと。
ジョージの不安や予感みたいなものが、とてもよく伝わってきました。

あの時代にはできなかった手法が今はたくさんあって、
すごい映像の映画やドラマが観られますが、
サイレントもずっとあってほしいです。作るのをやめずに。
by yonta* (2012-04-13 22:56) 

don

この前MTVの映画紹介で見ました。
もう上映されてるのですね^^
by don (2012-04-14 12:53) 

青山実花

コザックさん
コメントありがとうございます。

私もそう思いました。
サイレント映画だけれど、
そればかりにこだわらない演出が良かったです。

ワンちゃん、可愛かったです♪
まるでストーリーをちゃんと理解しているみたいで。

by 青山実花 (2012-04-14 16:29) 

青山実花

yonta*さん
コメントありがとうございます。

>楽しみにしたいたわりにはずいぶん遅いですが・・^^;

いえいえ、そんな事ないですよ。
映画って、時間を合わせるのが、
あれで結構大変なんですよね。
あと30分早く(遅く)上映してくれたら・・・と思う事も、
何度もあります。

ジャン・デュジャルダン、いい雰囲気でしたね。
これからも沢山の映画にでてくれるといいのですが。
「サイレント映画なのに、音の使い方が邪道」という方も
おられるようですが、
私はとてもいいと思いました。
あれだって演出の一つの手法ですものね。

本当にそう思います。
複雑な話や映像も、それはそれで大好きですが、
サイレント映画やモノクロ映画も、
これからもどんどん作られるといいですね。

by 青山実花 (2012-04-14 16:42) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

はい、7日から上映されています。
アカデミー賞受賞作という事もあり、
お客さんも結構入っていました。
もし機会がありましたら、
ご覧になってみて下さいね。
オシャレで素敵な映画です。


by 青山実花 (2012-04-14 16:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2