So-net無料ブログ作成

「最高の人生の見つけ方」 [映画]

saikonojinseinomitsukekata.jpg
〔2019年/日本〕


平凡な主婦・幸枝(吉永小百合)は、
自分に全く関心のない夫(前川清)と、
引き籠りで、部屋から一歩も出てこない息子との
3人暮らし。
唯一の話し相手は、
独立したキャリアウーマンの長女・美春(満島ひかり)だけ。


そんな幸枝は、
自分が末期癌で、余命いくばくもない事を知らされる。
自分が死んだ後の、家の事を思うと、
心配で途方に暮れてしまう。


入院した病院で、
幸枝は、
同じく末期癌の女・マ子(天海祐希)と知り合う。
マ子は、大手ホテルチェーンの女社長で、大金持ち。
共通点など、何一つない2人だが、なぜか気が合う。


そんな中、入院中の12歳の少女が亡くなり、
少女の、
「死ぬまでにしてみたい事リスト」を手に入れた2人は、
少女に変わって、
その夢を実行しようと決める・・・。





試写会で観た。


この映画、好き。
誰がなんと言おうと、私は大好き。


全然期待していなかったし、
ご都合主義もいいとこなんだけど(笑)、
すごく明るくて、
でも、しんみりしていて、
あらゆる場面で、
「自分だったら」と考えずにはいられない。


共通点は、末期癌、という事だけの、
2人の女性が、
亡くなった少女が残した
「したい頃リスト」を
一つ一つ叶えてゆく。


観始めた時は、
自分の夢でなく、
他人の夢を叶えるって?と不思議だったけれど、
リストに書かれている事が、
大人の女性には思い付かないことばかりで、
そのギャップが面白く、
あぁ、それで良かったんだ、と気付く。


特に、
「ももクロのライブに行く」場面は、大興奮(笑)。
元モーオタの私は、
ライブに何度も行っているので、
その雰囲気は、よく分かる。
あの中で、ノリノリになる、
吉永さんと、天海さんが、最高にいい。


他にも、
「スカイダイビングをする」
「エジプトでピラミッドを見る」
「日本で一番大きいパフェを食べる」などなど、
私もしてみたいような、
面白そうな事ばかり。


一つ言うなら、これらを実行できるのは、
天海さんの経済力のおかげ。
つまり、これは夢物語。
でも、夢だっていいじゃないか。
映画だもん。


夢といえば、
出だしでは、問題山積な私生活だった2人が、
ラストには、全て解決してしまう、というのも凄い。
リストをこなしていくより、
そちらの方が、もっとおとぎ話だけど、
私は、それも許せる。
映画だもん(笑)。


天海祐希さんの、
気風がよく、破天荒で、
でも、実は心に闇を抱えている女という役が、
すごく気持ちよかった。
こんな友達ほしい(笑)。


それから、
いつもは、息子みたいな年齢の俳優さんと
夫婦や恋人を演じる、
不自然でありゃしなかった吉永さんの夫役が、
本作では、年齢的にちょうどいいと思われる
前川清さん、というのも、
リアルで良かった。


人間、明日にはどうなるか分からない。
したい事リストも大事だけど、
もう絶対、
日頃から、大切な人には、
「好き」という気持ちや、
「ありがとう」の気持ちを
伝えなくちゃ駄目だと、強く思う。


これは、
2007年に、
モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン主演で
作られた映画のリメイク。
ハリウッド版も素晴らしかったけど、
あちらとは、別物と考えて楽しんだ方がいいかも。


評価 ★★★★☆

nice!(119)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 119

コメント 12

きよたん

見ていたい映画です。
勇気もらえそうです。
by きよたん (2019-09-20 16:58) 

英ちゃん

ハリウッド版を日本映画にリメイクする事もあるんだね(゚□゚)
アクション物もリメイクして欲しいかも?
でも、そうしたらショボイ映画になるかも知れませんが?(゚□゚)
by 英ちゃん (2019-09-20 17:15) 

あとりえSAKANA

2007年版見ました。
こちらは女性ペアなので華やかでさらに
よいかもしれません(^ω^)

by あとりえSAKANA (2019-09-20 21:55) 

裏・市長

前川清な!。

日本がおかしかった頃の産物や。

いや、ホントにおかしかった。
だって、前川清やで?。
どう見ても「イケメソ」ではないだろう?。

なのに、彼のあの顔で、明星や平凡の表紙を
飾っていたんやで?!。あの顔で。
しかも、イケメソ扱いされて、数々の有名女優と、
浮名を流し、あげくは藤圭子と結婚。

藤圭子も早々にその間違いに気づいたのか、
スピード離婚。

同時期になんぼでもオトコマエ、エテコマエの
アイドル、俳優がいる中で、前川清推しだけは、
どうしても納得できなかった。

まだ、左とん平さんのほうが数億万倍マシ。
彼は二枚目を気取る三枚目だった。
やることなすこと、二枚目なのだが、
三枚目地獄から決して抜け出せる事無く人生を全うした。

前川清はどこから誰がどう見ても四枚目あたりだろう。
なのに、本人も周りも二枚目扱いしていたのが、
どうにも解せない、許せない。

気の迷いとはいえ、入籍していた事実を恥じ、
自ら命を絶った藤圭子さんのご冥福をお祈りします。
by 裏・市長 (2019-09-21 03:33) 

旅爺さん

おはよう御座います。
爺はもう最高の人生の時期は過ぎちゃったな~(>_<)
by 旅爺さん (2019-09-21 07:13) 

ヤマカゼ

好意と感謝の気持ちを伝える事の大切さか。確かに。死んでからでは、伝えられないですね。
by ヤマカゼ (2019-09-21 21:50) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

はい、この映画は、
人生の喜びや悲しみを知ったかたなら、
絶対楽しめると思います。

by 青山実花 (2019-09-29 17:46) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

ハリウッドのアクションをリメイクしたくても、
スタローンやシュワルツェネッガーの
肉体に匹敵するような俳優さんがいないのかもしれませんね^^;

by 青山実花 (2019-09-29 17:46) 

青山実花

あとりえSAKANAさん
コメントありがとうございます。

ハリウッド版も面白かったのですが、
こちらは、
女性という事と、
日本人という事で、
余計にその心理が理解しやすいかもしれません^^

by 青山実花 (2019-09-29 17:48) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さんは、
前川清さんを、なぜそんなに敵対視なさるのですか?

イケメンじゃないとか、
カッコ良くないとか、
不細工だとか、
あのツラでとか、
あまりに酷いじゃありませんか。

彼はとっても可哀想な人なのよ。
まず最初に、
「内山田洋とクールファイブ」をいうグループにいた時から
その悲劇は始まっているのよ。

このグループ名を聞いて、
その後、メンバー全員が歌っている姿を見てごらんなさいよ。

誰が見たって、「内山田洋」というのが、
前川さんだと思うじゃないの。
それがまさか、前川さんは「内山田洋」じゃなくて、
「クールファイブ」の中の一人だったとは、
視聴者はみんな、ガッカリするのよ。

そして、藤圭子さんとの結婚の失敗。

あの時、子供さえ、子供さえ、子供さえ作っておけば、
宇多田ヒカルさんは前川さんの子供として、
生まれてきていたのよ。
子供から、毎日多額のお小遣いをもらえるチャンスを
逃してしまったのよ。

by 青山実花 (2019-09-29 17:50) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

えー!何を仰いますか!
これからが、最高の人生の始まりではありませんか!

by 青山実花 (2019-09-29 17:50) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
日本人は、そういう面は、
アメリカ人を見習った方がいいなぁと思う事があります^^

by 青山実花 (2019-09-29 17:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。