So-net無料ブログ作成

「左様なら」 [映画]

sayounara.jpg
〔2019年/日本〕


高校1年生の由紀は、
中学からの同級生・綾から、
引っ越す事を告げられる。


ところが、翌日、
綾が交通事故で亡くなる。
そして、それは事故でなく、
自殺だったのでは、という憶測が、
学校中に広がる。


クラスのリーダー格の女子・ユカが、
綾について、
酷い物言いをしているのを聞いた由紀は、
花瓶の水をユカにぶっかける。


その日から、由紀は、
クラスの中で浮いた存在になってしまう・・・。





試写会で観た。


ヒリヒリする。


学校という、狭い世界、
なんと難しく、息苦しく、大変な空間だったのだろうか、と、
今思うと、
よく自分は通えていたな、と、
本気で思う。


主人公の由紀は、
淡々とした性格の子で、
クラスで浮いた存在になってしまっても、
それほど気に病んでいるようには感じられない。
それが救い。


それに、何度も、
「私、ハブられてるから」と言うのだけれど、
クラス一丸となって無視されているわけでなく、
ライブに誘ってくれる男子もいるし、
告白してくる男子もいるし、
遠足で同じ班になる女子もいる。
ただ、リーダー格の女子に、
ちょっと目を付けられてるってだけで。


だから、いたたまれないというような
辛さはない。
ただ、心がヒリヒリするだけ。
大げさないじめなどがない分、
とてもリアル。


それに、リーダー女子だって、
席を外せば、仲間たちから悪口を言われている。
もう、それって、
職場でも、町内会でも、趣味のサークルでも、
さらには、おそらく老人ホームでも、
死ぬまで続く、人間関係なのだろう。


上映後、
石橋夕帆監督のトークショーがあった。

IMG_5368.JPG

原作は数ページの漫画だそうで、
それを膨らませて、
登場人物も増やして、
映画作りをされたのだそうだ。


解釈は、人それぞれでいいと話され、
リアルを感じる方もいれば、
こんな学校あるわけない、という人がいてもいい、
というお話しをされた。


監督さん、大丈夫です。
私は、本当にリアルだと思いました。
とてもいい映画です。
私はすごく好きです。


評価 ★★★★☆

nice!(121)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 121

コメント 2

裏・市長

18ページしかないんやな、原作漫画。
気になったので読んでみました。

よぉ、これで一本の映画作品にまで膨らませたな!。
監督、大したもんやで!と思ったら、
これが実質的に商業作品デビューの女監督!。

漫画作品、そのままを映像化したら多分8分で終わる。
ぜひ、観てみたいと思ったのだが、
奈良県では上映されていないようだ。

せっかく奈良を舞台にした映画なのに、もったいない。
とりあえず公式サイトを見た限りでは、
鹿とか、大仏などはあまり登場しない模様。
それで「奈良っぽさ」をどうやって出しているのか
興味は尽きない。

DVDが出たら、朝から並んで買いに行こう。
ご当地映画、楽しみです。
by 裏・市長 (2019-09-21 02:39) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

わたくしも、裏・市長さんに言われて、
原作漫画を読んでみましたわ。

本当に、あれだけなんですのね。
ビックリです。

つまり、人は、
頭を使おうと思えば、
たとえ3ページの漫画からでも、
ヒントを得ることができるという事ですわね。

裏・市長さん、なにか漫画を描いてくださいません?
私が監督として映画を作りますので。

それで儲けたお金は、
9:1で分ける、という事で。
もちろんわたくしが9ですが。

by 青山実花 (2019-09-29 18:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。