So-net無料ブログ作成

「エセルとアーネスト ふたりの物語」 [映画]

ETHELTOERNEST.jpg
〔2016年/イギリス〕


1928年、ロンドン。
牛乳配達のアーネストと、
メイドのエセルが出会い、
恋に落ち、
結婚する。


ウィンブルドンに家を買った2人の間に、
息子・レイモンドが生まれ、
幸せな家庭生活だったが、
第二次世界大戦が勃発。


レイモンドだけが疎開し、
激しい戦火の中でも、
笑いを忘れない2人。


戦争が終わり、
レイモンドも成長し、
エセルとアーネストにも、
老いが忍び寄り・・・。





試写会で観た。


イギリスのイラストレーター、
レイモンド・ブリッグズが、
自分の両親の一生を描いたアニメ。


特別な事は、何も起こらない。
平凡という言葉が、
これほどしっくりくる夫婦はいない、というくらい、
普通で、
でも、平凡で、平穏に暮らせることが、
どれほど幸せな事か、と教えてくれる。


でも、平凡な中にも、
もちろん、家族だけの
小さなドラマがある。


レイモンドが生まれる時、
とても難産で、
高齢出産のエセルは、
2人目の子供は無理だと医者に言われたり、


レイモンドが一人で疎開する時、
エセルが泣き崩れたり、


せっかく入れた、レベルの高い学校を、
レイモンドが中退し、
美術学校に入ってしまい、
ガッカリしたり・・・


・・・って、殆どのエピソードが、
レイモンド絡みね。
子供が家庭の中心になって、
喜びや希望、時に失望をもたらしてくれるのは、
どこの国も同じなようだ。


どこの国も同じ、といえば、
エセルと、隣の家の主婦が、
子供の事で、何かと張り合うのも、
人間はどこも同じだなぁと思う。


エセルが、レイモンドが優秀な事を
自慢げに話したり、
その後、レイモンドが悪さして、
警察車両で帰ってきた時、
隣の主婦が探りを入れてきたり(笑)。


それから、
エセルが、
レイモンドのお嫁さんを
ちょっと気に入らなかったり、
2人の子供について口にしたり、
レイモンドたちが買った家に文句を付けたりなど、
面倒くさいなー、と思う部分もあった(笑)。


いや、それは仕方ない。
レイモンド・ブリッグズさん自身が、
現在85歳。
つまりエセルは、
1890年頃、生まれたという事で、
今とはモラルも感覚も、
全然違っていたのでしょうね。


評価 ★★★☆☆

nice!(117)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 117

コメント 2

裏・市長

あ!青山実花さんもご覧になったんですか!。
「キセルとアオヤマネーサン ひみつの物語」。

実はボクも観たんですよ!偶然ですね!。
もう奇跡としか思えませんが、
人の一生で奇跡なんて、そう度々起こるもの
なんでしょうか?。

出来るなら、もっと有効な出来事に
奇跡が起きてほしいものです。
スクラッチ宝くじで1億2千万円この売り場から
出ました!とか。
ジュースの自販機でもう1本当たるとか。

さて肝心の映画、
「キセルとアオヤマネーサン ひみつの物語」
ですが、よかったですね!。

以前、あれだけの駅をぐるぐるぐるぐるぐるぐる
回られて、電車代だけでも大変だなぁ…と、
思っていましたが、まさかの展開!。

キセル乗車でフリーパスだったとは!。
試写会といい、キセルといい、
無料がどんだけお好きなんですか?。

半額大好き!と公言しているボクが、
まだカワイク思えてきました。
半額とはいえお金を支払っているのですから。

しかし、この映画色々と勉強にはなりました。
ありとあらゆる無賃乗車のテクニック満載で、
これ、公開しちゃって、明日からJR大丈夫?と、
少し鉄道会社の運営について心配しましたよ。

まぁ、ボクなんかが心配することではないですね。
日本からJRぐらい無くなっても、
誰も困りません。まだ、鉄道自殺がなくなって、
世界が平和になるなぁと思えるぐらいです。

青山実花さんも鉄道なんかいらないでしょ?。
普段、タクシーしか使いませんと豪語して
いらっしゃいましたものね。

そうだ!明日から廃止しましょう!。
まず、オバQ線からよろしくお願いします。
事務処理などはお任せいたします。


by 裏・市長 (2019-09-16 00:45) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

ちょっと、裏・市長さん、
人聞きの悪い事、言わないでくださいよ。

わたくしが、いつ、
電車のキセルをしたというのですか?
そりゃあ、わたくしは、
いつも電車にはタダで乗っておりますわよ。

でも、それは、キセルなんかじゃありませんわ。
わたくしは、鉄道会社の社長だからですわよ。
料金を払う必要がないから、
払わないだけなのよ。

わたくしが、駅の改札を通るだけで、
駅員さんは全員、ひれ伏すのよ。
アラーの神が通ったみたいによ。
とっても気分がいいのよ。

そういえば、
この間、裏・市長さんが東京にいらした時、
スイカへのチャージをおすすめしたら、
お怒りになられましたわね。

「お前はアラーの神で、俺が庶民とはどういう事だ」って。

そりゃあ、あなた、鉄道会社は、
お一人お一人の、運賃で、
経営が成り立っているのよ。
たとえ、一駅170円の料金でも、
大勢の人が払えば、莫大な金になるのよ、チリツモよ。
そのお金で、わたくしが贅沢できるのよ。


え?
「キセルとアオヤマネーサン ひみつの物語」って、
このような映画が公開されたのですか?
キセルのテクニック?

それは困りますわ。
収入が減ったら、
贅沢ができなくなるではありませんか。

このような映画の感想を
ブログに書いて広めるような事は、
決してなさらないでくださいませね。

by 青山実花 (2019-09-22 09:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。