So-net無料ブログ作成

「今さら言えない小さな秘密」 [映画]

imasaraienaichiisanahimitsu.jpg
〔2018年/フランス〕


フランス・プロヴァンスのある村で、
自転車修理屋を営む・ラウル。
彼の手にかかれば、
どんな自転車でもたちまち修理でき、
村人たちからは、尊敬されている。


美しい妻と、
可愛い2人の子供に恵まれ、
順風満帆に見えるラウルの人生だが、
実は、とんでもない秘密があった。


彼は、自転車に乗れないのだ。
そして、それは誰にも秘密なのだ。
そんなある日、
村に写真家がやって来た。
写真家は、
ラウルが自転車に乗って、坂道を下る姿を
撮りたいと言う・・・。





試写会で観た。


自転車修理にかけては天才のおじさん・ラウルが、
実は自転車に乗れない、という、
大きいんだか、小さいんだか、
よく分からない問題を描いた、
ファンタジー。


物語は、
ラウルの幼少期から始まる。


彼は、父と一緒に、
時には、一人で、
自転車の練習をする。


けれど、なぜだろう、
平衡感覚が決定的に欠如しているせいなのか、
自転車に全く乗れない。


ラウルの父は、郵便配達の仕事をしていて、
父を尊敬するラウルは、
父と同じ職業に就きたいと思っているのだけれど、
自転車に乗れないのでは、
その夢も叶わぬ。
たかが自転車で、
夢を諦めねばならないとは、
なんだか悲しい。


しかも、ラウルは、
自分の大切な人に、
意を決して、
「自分は自転車に乗れない」と打ち明ける度に、
必ず、その相手の身の上に、
不幸な出来事が起こってきた。


それがトラウマになっている彼は、
妻にも、
秘密を打ち明けられない。


可笑しいのは、
そんな彼なのに、
村の人たちは、
彼の事を、自転車乗りの天才だと思っている事。
天才だけど、
自転車に乗る事を封印していると思っている事。


時折、
ラウルの妄想のシーンが描かれ、
それが、とっても可愛い。


考えてみると、
私は、自転車にもう何年も乗っていない。
歩きと、電車と、バスと、車の4つが移動手段で、
自転車は、持ってさえいない。


なんだか久し振りに自転車に乗りたくなった。


評価 ★★★☆☆

nice!(105)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 105

コメント 12

英ちゃん

自転車は、割と乗ってます。
まぁ、買い物に行く時くらいだけどね。
by 英ちゃん (2019-09-06 12:10) 

英ちゃん

ぁぁ、それと「武蔵」が付く駅探訪を開始したんだけど辺鄙な所が多いので時間がかかる(゚□゚)
この前、2駅巡るだけで2時間もかかった(゚□゚)
電車の本数が少な過ぎる~(東京のはずれです)
by 英ちゃん (2019-09-06 12:16) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

自転車って、実はとても優れものだと、
この映画を観ていて思いました。
お買い物に自転車って、効率的でいいと思います^^
by 青山実花 (2019-09-06 16:29) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

2駅で2時間ですか!
どうかゆっくり巡ってくださいね。
前にも書きましたが、
私の全駅制覇2周目も、
20年くらいかかる気がします^^;
by 青山実花 (2019-09-06 16:30) 

きよたん

自転車は実家に帰省した時によく乗ります。
あちこち用を足したり、買い物に便利ですよね
子供の頃、やっと乗れた時には嬉しかった。
by きよたん (2019-09-06 16:39) 

ヤマカゼ

自転車のってません。もう40年まえから、のれるだろうか?
by ヤマカゼ (2019-09-06 18:43) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

ほんと、自転車って、
エコだし、運動にもなるし、
車より効率的かもしれませんね。

私もです^^
自転車に乗れるようになった時の喜びったら
なかったですね^^
by 青山実花 (2019-09-07 00:04) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

自転車と泳ぎは、
一度覚えると、忘れないと聞いたことがあります。
40年のブランクがあっても、
きっと乗れると思います^^

by 青山実花 (2019-09-07 00:05) 

sigedonn

見てみたいです。
フランス映画はDVD借りてきては
家族に不評を繰り返していました。
懐かしい思い出。
by sigedonn (2019-09-09 20:18) 

裏・市長

いいだろう?自転車に乗れないことぐらい。

世の中にはもっと大きな秘密を抱えて、
誰にも言えずにひとりで苦しんでいる人だっている。

たとえば、このボク。

…あぁっ!ダメだ言えない秘密が、
書けるハズがないっ!!。
ましてや、ここはあの青山実花さんのブログの
コメント欄ではないか。

青山実花さんと言えば、so-netブログでも
情報通と怖れられ、
なにか事件が起これば現場にかけつけ、
事件が起こりそうだと知れば、
やはり現場にかけつけ、
事件が起こらなければ起こらないで、
ひょっとして起こるんじゃね~の?と、
疑って現場に向かう…。
そんなミーちゃんハーちゃん気質ではないか。

ダメだダメだダメだオメダ!。
やっぱり言えない、書けない。

そうだ!青山実花さんの弱みを握ればいいんだ!。
そうすれば多少の秘密は守らざるを得ない状況に
追い込めるだろう。いいアイデアだ。

まずはスマホ持参で寝室に忍び込んでおこう。

あの写真バラまかれたら終わりや…!。

青山実花も言いなりのされるがままよ。
by 裏・市長 (2019-09-12 11:42) 

青山実花

sigedonnさん
コメントありがとうございます。

フランス映画が苦手、
という方も多いようですね^^

この映画も、好みは分かれるかもしれませんが、
ぜひ観てほしいです^^

by 青山実花 (2019-09-14 11:00) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、
大丈夫です。

裏・市長さんの秘密は、
もう全て調べがついております。

連日連夜の嫌がらせ行為に、
反撃しようと思い、
興信所を使って、
裏・市長さんの私生活を全て調べさせていただきましたの。

いやはや、ビックリいたしました。

まさか、あなたに、
こんな秘密や
そんな秘密や
あんな秘密があったなんて、
ショックで夜も眠れませんでした。

すぐにでも大和高田市に駆け付け、
秘密の真偽をお尋ねしたい所ですが、
なにせ、わたくし、
足を痛めて、杖をついておりますでしょう、
新幹線で新大阪まで行くのが精いっぱいでございます。

どうか裏・市長さんの方から、
新大阪までお越しいただけませんでしょうか。

新大阪駅構内の、レム新大阪というホテルの
ロビーで待っております。


わたくしの写真は、どうにでもご自由にしてください。
こんな後期高齢者の写真など、
誰も見向きもしないと思いますので。

by 青山実花 (2019-09-14 11:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。