So-net無料ブログ作成

「荒野の誓い」 [映画]

kouyanochikai.jpg
〔2017年/アメリカ〕


1892年。
西部開拓時代のアメリカ・ニューメキシコ州。
夫と、3人の子供とで、
幸せに暮らしていたロザリー(ロザムンド・パイク)は、
ある日、突然襲ってきた、
ネイティブアメリカンのコマンチ族に、
自分以外の家族全員を惨殺される。


一方、かつて戦争で名を上げた、
騎兵隊のジョー・ブロッカー大尉(クリスチャン・ベール)は、
シャイアン族の酋長と、その家族を、
モンタナ州まで護送する任務を命じられる。


ジョーたち一行は、
目的地へ向かう途中、
放心状態のロザリーに出会う。
ロザリーも彼らの仲間に加わるが、
コマンチ族がまた襲ってくる。


それを、何とかかわして、
先に進むも、
更なる困難が彼らを待ち受け・・・。





試写会で観た。


騎兵隊の一行と、
家族を惨殺された未亡人と、
ネイティブアメリカンの一家が、
まだ未開拓の西部を旅する物語だけど、
一難去ってまた一難。
RPGみたいだ。


まず、プロローグとして、
ロザムンド・パイク演じるロザリーの
家族全員が殺される場面の悲しみったら。
ハリウッド映画は、
どんな内容でも、
幼い子供を殺す事はないと聞いたことがあるけど、
この映画は、そんなお約束さえ関係ない。


コツコツ積み上げてきた幸せを、
一瞬にして失った、
ロザリーの気の狂いそうな悲しみは、
どう表現していいのかも分からない。


西部開拓時代のアメリカって、
本当にこうだったんだろうなぁ。
法律も、モラルもなく、
殺らなければ、殺られるだけ。


ネイティブアメリカンの描き方も、
極端な被害者でもなければ、
極端な悪者でもなく、
種族によって、
性質も異なるのだと、
公平な目で見られるようになっている。


それから、
当然、白人にもいい奴と悪い奴がいる。
白人同士だからと、
必ずしも助け合うわけでなく、
なぜそんな酷い事を、と、
思わされる場面もある。


見応えのある西部劇だった。


評価 ★★★★☆

nice!(119)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 119

コメント 8

英ちゃん

西部劇は、大昔にハマってました。
まぁ、私が良く見てたのはマカロニウエスタンの方だけどね(゚□゚)
中学生の時にカウボウイハットとモデルガンを買って遊んでました。
モデルガンも昔は、本物ソックリで良かったんだけどね。
by 英ちゃん (2019-09-01 01:16) 

プー太の父

割と新しい映画なんですね。イオンシネマでは上映してなかったようですが上映してればきっと観ていたと思います。
今日はインデックスから「愛染かつら」を調べてみましたが記事があったので驚きました。これは私が子供のころ父親に連れてってもらって観た記憶があります。私はこんな映画観てもわけがわからなったと思いますが父がすごく観たかったのですね。懐かしいです。
by プー太の父 (2019-09-01 07:32) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

マカロニウエスタンというと、
クリント・イーストウッドが最初に頭に浮かびます。
黄金期には、いい作品が沢山あったのでしょうね。

西部劇で遊ぶとは、
英ちゃんさんも相当なマニアですね^^

by 青山実花 (2019-09-01 08:00) 

青山実花

プー太の父さん
コメントありがとうございます。

この映画は試写会で観たので、
公開は9月6日なのです。
とっても面白いので、ぜひご覧になってくださいね。

「愛染かつら」をリアルタイムで観られているとは
羨ましいです。
お父様はお一人では恥ずかしかったのでしょうか^^
私は、図書館にあったビデオで観ました。
京マチ子さん版もあるので、
いつか観てみたいです。

by 青山実花 (2019-09-01 08:13) 

sig

試写会応募が×でしたが、これは観たい。私の好きな西部劇は「大いなる西部」。決闘に当たって不甲斐ない実の息子を制裁する立ち合い役の父親。メリメの「マテオ・ファルコ―ネ」のような物語。この作品あたりから西部劇の傾向が変わってきたと思います。
by sig (2019-09-02 16:10) 

裏・市長

コマンチ!。

ホントにもうバカな女がですねぇ、
バカなブログをやってましてね、
自分で与太ブログなんてですね、
言ってるんですよ。ワザワザてめぇで言わなくても、
みんな知ってるってぇの!。

それがですね、イヤですねぇ、
試写会でですね、映画をですね、
見まくってやがるんですよ。

てめぇ、1.900円の映画代すらねぇのか?!、
こうね、怒鳴りつけてやろうかと
思ってましたらですね、映画代がない訳じゃない、
なんて、見栄を張るわけです。

じゃあなんで、行くんだダンカンバカヤロー!、
こう言いましたらですね、タダだから行くんだと。

一緒じゃねーか、バカヤロー!。
そういう訳でまったく与太オンナには
困ったもんです、コマンチ!!。
by 裏・市長 (2019-09-05 10:22) 

青山実花

sigさん
コメントありがとうございます。

試写会には行けなくても、
その後、劇場には必ずかかりますし、
ぜひ観てほしいです。

「大いなる西部」は観ています。
細部は忘れてしまったのですが、
とても良かったという記憶だけは残っています。
もう一度観てみますね。

by 青山実花 (2019-09-06 11:36) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

「ホントにもうバカな女がですねぇ、
バカなブログをやってましてね、」

そういう事言うもんじゃないよ、
いいでしょ、やったって。


「自分で与太ブログなんてですね、
言ってるんですよ。ワザワザてめぇで言わなくても、
みんな知ってるってぇの!。」

よしなさい、って。
自分で言ってんだからいいじゃないの。


「それがですね、イヤですねぇ、
試写会でですね、映画をですね、
見まくってやがるんですよ。」

いいじゃないの、別に。
試写会くらい自由に行かせてやりなさいよ。


「てめぇ、1.900円の映画代すらねぇのか?!、
こうね、怒鳴りつけてやろうかと
思ってましたらですね、映画代がない訳じゃない、
なんて、見栄を張るわけです。」

人の事なんて、ほっときなさいよ。
映画代は高いんですから。


「じゃあなんで、行くんだダンカンバカヤロー!、
こう言いましたらですね、タダだから行くんだと。」

タダ、いいじゃないですか。
ありがたいですよ。


「一緒じゃねーか、バカヤロー!。
そういう訳でまったく与太オンナには
困ったもんです、コマンチ!!。」


だから、よしなさいって。
しまいには怒られるよ、
人の事を与太なんて言っちゃ。

by 青山実花 (2019-09-06 11:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。