So-net無料ブログ作成

「トーク・トゥ・ハー」と「ガープの世界」 [時事]

今年の初め頃、
「10年間、意識不明の女性が妊娠・出産した」というアメリカでの事件を、
ニュースで見た。


介護士の男が、
乱暴した結果の出来事だという。


なんともおぞましく、
気持ちの悪い事件だったが、
私はすぐに、
映画「トーク・トゥ・ハー」を思い出していた。


トーク・トゥ・ハー [DVD]

トーク・トゥ・ハー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD


2002年のスペイン映画、「トーク・トゥ・ハー」は、
交通事故で意識不明になった、
若く美しいバレリーナ・アリシアが
入院中、介護士のベニグノに妊娠させられてしまう、
という物語。


最悪なのは、
ベニグノは、以前からアリシアにストーカーをしていて、
彼女が事故に遭った時、
チャンスとばかりに、自分から介護を申し出た事。


名匠・ペドロ・アルモドバル監督の作品なので、
それなりに面白く作られてはいるけれど、
ゾッとした事は間違いなく、
忘れられない映画の一つ。




「トーク・トゥ・ハー」が、
妊娠させられる女性を描いた映画なら、
その逆の映画もある。


それは、
1982年のアメリカ映画、「ガープの世界」。

ガープの世界 [DVD]

ガープの世界 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD


看護婦のジェニーは昔から、
「男はいらないけど、子供はほしい」という考えで、
ある日、入院してきた、
意識不明の兵士に跨り、
勝手に子供を作ってしまう。
(その後、兵士は死ぬ)
そこで授かった息子にガープと名付ける、という物語。


これを観たのは、
「トーク・トゥ・ハー」よりずっと前だけど、
「トーク・トゥ・ハー」で感じたおぞましさはなく、
「面白い女がいるな」と思ったくらい。


同じ事をしても、
男と女で、
受ける印象がこれほど違うというのも面白い。


もちろん、今、現実にこんな事があったら、
女性からのセクハラという事で糾弾されるんだろうけど、
女が黙ってさえいれば、
誰にも分かりゃしない。


どんなに男女平等が叫ばれる世の中になっても、
やっぱり男と女は違う。
平等は当然なんだけど、
何でもかんでも同じ土俵に、
というのは違う気がする。


だから何、というわけではないけれど、
2つの映画の違いを面白く思い、
記してみたくなりました。

nice!(138)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 138

コメント 6

Ginger

「トークトゥハー」・・あのシーンは何とも物悲しかったです・・オトコが身ごもれない哀しさがアル監督のあの世界観でねー。。。
by Ginger (2019-08-12 16:17) 

きよたん

確かに。
ガープの世界 よく覚えてます。
とっても面白かったです
青山さんのいう通り、思えば男と女が逆だと
ずっと軽くなりますね
今ではそういう映画作れないかもしれませんが。
by きよたん (2019-08-12 16:44) 

裏・市長

せやねん。世の中おかしいねん。

例えば、
「ぐへへ…奥さん、今日ヒマでっか?」。

ボクがここに書き込むと…、
下心丸出し!ドスケベ!変態!パンツ履けよ!と、
怒られるのに、
女性が、
「ウフフ、あなた今日、少しお時間あるかしら?」。

このようにまったく同じコメントを書いても、
なぜ、ボクだけが非難されるのか!。
意味合いは変わらないではないか!。

ボクも相手のスケジュールを聞いているだけではないか!。

なぜボクがパンツ一丁で表へ飛び出したら、
通報されるのか?。青山実花さんがパンチ~と、
乳バンドで表に飛び出したら、
みんなニヤニヤ眺めてるだけではないか。

行為は同じなのに。

これは「差別」ですよ。
男尊女卑、差別はやめよう!と言われるが、
男を差別しているのはキミたち女だ!。

それが証拠に、女性専用車両はあるが、
男にはない。
女性は建設業、運送業に就職できるが、
男は風俗嬢にはなれない!。明らかに差別だ!。

まずは草の根運動として、このコメント欄から
世間に訴えていこうではないか!。

まずはボクがいかなるコメントを記そうとも、
大きな広い心で許してやろう!。
そこから本当の世界平和がはじまるのだ!!。

by 裏・市長 (2019-08-17 00:53) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

「トーク・トゥ・ハー」は、
何とも不思議な味わいの映画でしたね。

by 青山実花 (2019-12-25 17:40) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

「ガープの世界」を観た時は、
グレン・クローズを、とても逞しい女だと
思いましたが、
今ならセクハラと言われてしまうかもしれませんね^^;

でも、不思議と私はセクハラとは思えないのですが^^;

by 青山実花 (2019-12-25 17:40) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あなた、そんな事、
今さら言わなくたって、
決まっているではないですか。

長い歴史を考えてごらんなさい。

女は太古の昔から、
男のセクハラに耐えて耐えて耐えてきたのですよ。

その記憶が、もう既に
DNAに組み込まれているのです。
消せないんです。

だから、男からのつまらない誘いを
通報したくなるんです。

こちらの方こそ、
男性専用車両を作ってほしいくらいでございます。

男は男だけで、
満員電車に乗っていればいいんですよ。

可哀想に、女子高生は、
キモい痴漢のターゲットにされて、
泣いてばかりいます。

それで訴えれば、
合意の上だったとか、
女から誘ってきたとか、
おかしな言い訳も大概にしてくださいね。

女が知らない男と、
その場でどうにかなるわけないじゃありませんか。

さらに追及すると、痴女だっているとか、
男の痴漢の1億分の1にも満たない事例を持ち出すって
頭がおかしいんじゃございません?

by 青山実花 (2019-12-25 17:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。