So-net無料ブログ作成

「パピヨン」 [映画]

papillon.jpg
〔2017年/アメリカ〕


1931年。
胸に蝶の刺青を入れている事から、
「パピヨン」と呼ばれる男(チャーリー・ハナム)は、
金庫破りだったが、
仲間の裏切りにより、
殺人犯に仕立て上げられ、逮捕されてしまう。


終身刑の判決を受けた彼は、
脱獄不可能と言われるフランス領ギアナのデビルズ島の監獄に
送られる船の中で、
ドガ(ラミ・マレック)と知り合う。
ドガは紙幣偽造の罪で、同じく島流しになったのだ。


デビルズ島の環境は劣悪で、
囚人たちは虫けら扱い。
脱獄を試みた者は、
1度目は、2年間、
2度めは、5年間の独房暮らしを強いられ、
島で殺人を犯した者は、即日処刑というルールがあった。


パピヨンは、
脱獄を実行するも、失敗。
独房に入れられ、
地獄のような2年間を過ごすが、
出された後も、
何度も脱獄を試み・・・。





1973年の、
スティーブ・マックイーン主演のオリジナルは、
10年くらい前に、市民上映会か何かで観た。


ただ、世間で名作と言われているほどには、
感動しなかった事を思い出す。
ほぼ、記憶にもないので、
映画日記を調べてみたら、
なんと、ビックリ。
それなりに感想らしい事が書いてあるじゃないか。
観た直後に書いて、
書いた途端、すっかり記憶から消え去ったのかもしれない(笑)。


なので、ほぼ初めてという気持ちで、
この映画を観る。
オリジナルで感動されたかたには、
もしかしたら物足りないかもしれないけど、
これはこれで、
なかなか面白かった。


脱獄不可能と言われ、
失敗したら、厳しい罰が待っているのに、
それでも、何度も何度も、
逃げ出そうと試みるパピヨン。


もし彼が、本当に殺人を犯しているなら、
自分が悪いんだから諦めなよ、と思う所だけれど、
彼は無実なわけで、
だから、応援したくなる。


最初の見どころは、2年間の独房生活。
あぁ、人間があんな所に入れられたら、
おそらく精神のバランスを崩す。
実際、死んでゆく者が多数。
オリジナルでは、栄養補給のために、
虫なんかを食べていたようだけど、
本作では、そのようなシーンはなかった。
そういう壮絶な場面がないと、
これだからリメイクは、と言われてしまいそうな気もするけど。


私は、パピヨンが、
最後に送られた、「悪魔島」の場面が好きだな。
ここはもう、
刑務所長も、看守も手に負えない囚人が最後に送られる島で、
監視者は誰もいない。


ここにいる囚人たちは、
精神に異常をきたしている者が殆どで、
むしろ、静かで、平和。


パピヨンは、ここでドガと再会するんだけど、
ドガは、ここでの生活を謳歌しているようで、
脱獄より、ここで一生を終えたい、と言う。
ドガのような繊細な人は、
それもありかと思うし、
幸せそうにも見える。


これは、実話だというから驚き。
これを書いたアンリ・シャリエールは、
自分の体験を本にしたのだそうだ。
つまり、パピヨンは、
ついに脱獄に成功したって事なのよね。
うーん、すごい。
そして、出版した「パピヨン」が、世界的大ヒット!
うーん、羨ましい(笑)。


もう一度オリジナルを観ようと思う。
今度はきっと、楽しめる気がする。


評価 ★★★★☆

nice!(101)  コメント(12) 

nice! 101

コメント 12

さる1号

実話とは@@)
原作も読んでみたいな^^
by さる1号 (2019-07-06 06:20) 

きよたん

スティーブ・マックイーン主演のオリジナルは見ました
ものすごくスリルありましたよ
実話だからとっても興味深いものがあった。
ほとんどシーンは忘れていますけど。
by きよたん (2019-07-06 16:10) 

beny

一瞬マックイーンの若き頃かと見間違えました。ダスティンホフマンが似てない事で名前を確認してから分かった次第。
by beny (2019-07-06 18:20) 

向日葵

ええ!?
じ、実話! だったんですか!?

マックイーンのが公開された当時、かなり騒がれましたよね。
ワタクシは見ませんでしたが、クラスの男子や弟たちが
かなり騒いでいたのを覚えています。

なんたってあの頃のマックイーン、本当に格好良かったもの!!
by 向日葵 (2019-07-07 18:30) 

裏・市長

デビルズ島・・・。

もうこのネーミングからして、
とても抜け出せる気がしない。

日本で言うところの、
地獄岬とか死神峠・・・みたいなもんだ。

いや~パピヨン、脱獄出来たのはいいけど、
その後、その行方は誰も知らない・・・というなら、
話はわかるけど、その後、自伝を出版、映画化、
大ヒットっておかしいやろ?。

警察は何やってんねん?!すぐに再逮捕しろよ!。
脱獄した罪をプラスして即、処刑にしろよ?。

それともなに?一回脱獄したらゲームはあがりなの?。
もう、おとがめなしなの?。

逃げ得・・・あんねんな!。
by 裏・市長 (2019-07-09 23:31) 

青山実花

さる1号さん
コメントありがとうございます。

私も実話と聞いてビックリしました。
ぜひ、原作を読んでみてください。
そして、感想を聞かせてほしいです^^

by 青山実花 (2019-07-11 21:53) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

オリジナル、観られてますか!
やっぱり面白いんですね。
私は一体、何を観ていたんでしょう^^;
もう一度、観てみたいです。

by 青山実花 (2019-07-11 21:54) 

青山実花

benyさん
コメントありがとうございます。

私も、ラミ・マレックとダスティン・ホフマンは、
似ていないと思いました。

ただ、マレックもいいですよ^^
機会があったら、観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2019-07-11 21:54) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

実話だからこそ、
物語に深みと説得力が生まれたのかも
しれませんね。

やっぱり、
もう一度オリジナルを観るべきですかね^^;

by 青山実花 (2019-07-11 21:54) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

大和高田市・・・。

もうこのネーミングからして、
とても抜け出せる気がしない。

周囲を海で囲まれ、
断崖絶壁、
そして、人喰い鮫と、裏・市長がうようよ。
外務省の、「渡航禁止地域」の
一番上に、国名が載っている場所でございます。


パピヨンは、脱獄してもいいのです。
元々、無実の罪なのですから。

わたくしも、来月、本を出す事になりました。
タイトルは、「大和高田市からの脱出」。
多分、ベストセラーになると思います。

by 青山実花 (2019-07-11 21:55) 

サンフランシスコ人

「1973年の、スティーブ・マックイーン主演のオリジナルは、
10年くらい前に、市民上映会か何かで観た...」

(1973年の)数年後に観た...

「ただ、世間で名作と言われているほどには、
感動しなかった事を思い出す....」

私も同じです.....一方で、『タワーリング・インフェルノ』には、大感動したのです.....

(サンフランシスコで)消防車の通って行くのを見る度に、『タワーリング・インフェルノ』を思い出します.....

ところで サンフランシスコ消防局のホームページは...

http://sf-fire.org

by サンフランシスコ人 (2019-07-12 07:24) 

青山実花

サンフランシスコ人さん
コメントありがとうございます。

私もまったく同じです。
「パピヨン」はそれほどでなかったのですが、
「タワーリング~」はとても面白かったです。
by 青山実花 (2019-07-30 08:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。