So-net無料ブログ作成

「メリー・ポピンズ リターンズ」 [映画]

MARYPOPPINSRETURNS.jpg
〔2018年/アメリカ〕


大恐慌の真っ只中にある、ロンドン。
銀行で臨時雇いをする、
マイケル・バンクス(ベン・ウィショー)は、
妻を亡くし、
3人の子供を育てている。


しかし、融資の返済期日が迫り、
もうすぐ、家を差し押さえられそうな状況に、
マイケルは焦っている。


そんな中、20年前に、
バンクス家にやって来た、
魔法使いのメリー・ポピンズが、
再び、空から舞い降りてくる。


マイケルは年を取ったのに、
メリー・ポピンズは、そのまま。
子供たちは、
マイケルの子供時代同様、
メリー・ポピンズと、不思議な世界を行き来するが・・・。





上映会で観た。


今年の2月に、
この映画が劇場公開された時、
絶対、観たいと思いながら、
時間が合わずに、
気が付いたら終わっていて、残念に思っていたのだけれど、
今日15日から、MovieNEX発売ということで
記念上映会があり、
観させていただいた、というわけで。


会場は、表参道テラス。
普段は、結婚式に使われるような場所で、
そのお洒落な雰囲気に、
めっちゃ場違いな自分が恥ずかしい(笑)。

IMG_4854.JPG


スタッフさんが、
とてもにこやかに出迎えてくださり、
色とりどりの、ウェルカムドリンクまで、すすめてくださる。
全部、飲み比べてみたかったけど、
とてもそのような図々しい事を言い出せる雰囲気ではなく(笑)、
一つ選ばせていただいた。
とても美味しかったです。

IMG_4852.JPG

IMG_4856.JPG


今まで、結婚式場で行われた試写会もあったけど、
ここまでのサービスは初めて。
映画を観そびれる、というのも、
たまには良い事があるのですね(笑)

IMG_4857.JPG

IMG_4859.JPG


なんだか、表参道テラスの紹介みたいになってしまった。
映画映画。


ジュリー・アンドリュースがメリー・ポピンズを演じた、
1964年版は、
以前、ビデオで観ている。
実写とアニメが合成された、
とてもいい映画だった。


この映画は、
ただ、あの名作をリメイクしたのではなく、
20年後というのがいい。


子供だったマイケルは、
大人になり、
既に3人の子持ち。


かつて祖父や父が勤めた銀行で働いてはいるけれど、
正社員ではなく、臨時雇いで、
家のローンの期日が迫っているという、苦しい状況。
時の流れを強く感じる。


でも、メリー・ポピンズは変わらない。
彼女は相変わらず、みんなを幸せに。


この手法は、
「プーと大人になった僕」と同じだけれど、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-10-13
「あの時の子供が、こうなりましたよ」という
描き方、
私は、とっても好き。


評価 ★★★☆☆

nice!(138)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 138

コメント 8

あおたけ

爽やかな水色のカクテル?ジュース?は、
ポスターに描かれている映画の主人公の
青い福をイメージしたものでしょうか?(^^)

by あおたけ (2019-06-05 18:37) 

ヤマカゼ

青山実花さんは、只者ではないですね。
by ヤマカゼ (2019-06-05 19:13) 

ニッキー

かみさん、観に行ってました( ^ω^ )
「とても幸せな気持ちになった♪( ´▽`)」と
ニコニコで帰ってきました=(^.^)=
by ニッキー (2019-06-05 19:18) 

青山実花

あおたけさん
コメントありがとうございます。

あおたけさん、さすがですね^^
スタッフさんが、
このジュース(ノンアルです^^)は
メリー・ポピンズをイメージしたものだと
仰っていました。
by 青山実花 (2019-06-05 21:20) 

青山実花

ヤマカゼさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、とんでもありません。
私は只者です。
そして、小心者の馬鹿者です^^
by 青山実花 (2019-06-05 21:21) 

青山実花

ニッキーさん
コメントありがとうございます。

奥様、観られてましたか^^
メリー・ポピンズの魔法は、
みんなを幸せにしちゃうんですよね^^
by 青山実花 (2019-06-05 21:23) 

裏・市長

これや!今の映画館がなくしてしまったものは!。

「おもてなし」のこころや!。

昔、映画館ってホントに年に何度か行ければ
いいほうの娯楽の王様だった。
朝から弁当を作って持って行って、
一日中、何度も同じ映画を観た。

途中から入っていって、次の上映で
さっき観たところまで観て、帰る・・・。
なんて事が出来た。

入れ替え制じゃなかったからだ。

観客動員が減ったから、人件費があがったからで、
入場料を値上げするなんて、余計に観客が
離れてしまう気がする。

値上げはいい。時代の流れで仕方ない。
でも、納得できる付加価値が欲しい。

そう、ウェルカムドリンクぐらいサービスしても、
罰は当たらんのではないか?。
ウェルカムホットドッグもあれば、なおいい。

言うても、あんなん原価大したことないで、しれてる。

おかわりドリンクもあれば、もっといい。
そのドリンクを注ぎに来てくれるのが、
露出の高いキューティーハニーみたいな衣装の
お姉ちゃんだとサイコーだ。
触るのちょっとだけOKなら、2.000円払ってもいい。

飲みもの、食べ物、お触りいらない人には、
パンフレットをあげちゃうとか。選べるようにしてくれよ。

とにかく1.900円出しても、惜しくないと思わせる
経営努力が足りないのではないか?。
今の映画業界は。

本日のコメント欄では、20年後に再会した
青山実花さんと裏・市長さんのショートストーリーを
掲載する予定でしたが、やはり食い気には
ワタシマケマシタワ・・・。
by 裏・市長 (2019-06-07 03:12) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、
先日は、
「メリー・ポピンズよ、もう一度」の試写会に、
お付き合いくださいまして、
ありがとうございました。


本当に楽しかったですね。
裏・市長さんがお弁当を持参していったら、
スタッフさんが気の毒に思われたのでしょうか、
特別にドリンクを出してくださって。

あの時、
実はスタッフさんから、
小声で言われたんですよ、
「本当は規則違反なのですが・・・」って。

後期高齢者の裏・市長さんだから、
特別な配慮があったようです。
年を取る事も、悪いことばかりではありませんわね。


ただ、ドリンクを持ってきたくださった、
あの女性を触ったのは、
ちょっといただけなかったですわ。

「わしが10代のころ流行った、
 キューティーハニーみたいやな、ねえちゃん」って、
お洒落な表参道でそんな事を言われて、
女性も目を白黒させていましたわ。

その後も、
違う味のドリンクを持ってこい、とか、
デザートはないのか、とか、
パンフレットも寄越せ、とか、
言いたい放題。

年を取る事は、悪いことばかりだと、
先に帰らせていただきました。

by 青山実花 (2019-07-30 08:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。