So-net無料ブログ作成

「箱入り息子の恋」 [映画]

hakoirimusukonokoi.jpg
〔2013年/日本〕


星野源、35歳、彼女いない歴=年齢。
市役所の記録課に勤務する彼は、
人付き合いが苦手で、
友達は、飼育しているカエルだけ。
休日は一人、テレビゲームをして過ごしている。


そんな彼を心配した両親・平泉成&森山良子は、
彼に無断で、代理婚活に出掛け、
そこで娘・夏帆の婿を探している夫婦・大杉漣&黒木瞳と知り合う。


なんとか本人同士を交えて、両家が会う事になるが、
その席で星野と両親は、夏帆が全盲な事を知らされる。
さらに大杉は、仕事に対する意気込みが感じられない星野を、
最初から気に入っておらず、
見合いは散々な結果に終わる。


しかし、星野の良さを見抜いていた黒木は、
大杉に内緒で、星野と夏帆のデートをお膳立てする。
再会した2人は意気投合。
その後、何度もデートするようになる。


大杉はついに黒木と夏帆の秘密を知り、激怒。
デートの場に乗り込み、
「君のようなうだつの上がらない男に娘は任せられない」と罵り、
その場は大混乱。
さらに、そこへ車が突っ込んできて、
大変な事になってしまう・・・。





星野源と夏帆のカップルが、
とても可愛くて、初々しくて、良かった。


まぁ、35歳の男が初々しいってもどうかと思うけど(笑)、
でも、星野の場合、女性経験が無いという設定なので、
やる事なす事、初めての事ばかりで、
その緊張感は、こちらまで汗をかいてしまいそうな感じ。


星野は、夏帆にせがまれて、初めてのお食事に、
牛丼屋さんに行く。
詳しくは書けないけど、
その後、もう一度、牛丼屋さんの場面があって、
これがもう、映画史に残るんじゃないかと思うくらいの(大げさか(笑))
名シーンで。
私は牛丼屋さんに一度も入った事がないのだけれど、
あのお店が、あんなロマンティックな場所になるなんて、
想像した事もなかったわ(笑)。


それから、やっぱり色々考えさせられる映画でもある。
特に親。
星野の両親は、彼に、
「自分たちが亡くなったあと、お前は一人だぞ」みたいな事を言って、
勝手に婚活したり、
無理矢理お見合いさせたりする。


でも、お見合いの席で、
大杉漣から酷い事を言われて、
その夜、星野は自室で激しく暴れる。
観ているこちらにしたら、
息子は「結婚したくない、一人が好き」って言ってんだから、
無理強いは止めた方が・・・と思ってしまう。
なんだか可哀想な気がして。
もちろん、親は良かれと思ってしているのは分かるんだけど・・・。


これで星野が無職というならともかく、
公務員として働いて、かなりの額の貯金もあるらしい。
一人老後の備えは万全。
こんな世の中、それだけでも良しと思った方が
お互いのためじゃないのかなぁ。
結婚や出産を、親とはいえ、人からとやかく言われるって、
本当に嫌なものだと想像するし。
この映画の場合は、
結果的に夏帆と上手くいったから、良かったけど。


それから、大杉漣の思考も変だと思った。
彼は星野をめっちゃ見下して、
こんな男と娘を結婚させられないと言うけれど、
自分が望むような男が、必ず娘を貰ってくれるという保証はあるのか。
(障害の有る無しは関係ないです。絶対)
凄い自信。


娘に結婚してほしいと願う気持ちは分かるけど、
万が一、相手が見つからなかった時の事も考えて、
一応、手に職を付けさせる事も考えた方が、
よほど現実的だと思うんだけど。


なんだか、今の日本が抱える問題、
いわゆる、草食系男子とか、
子供に構い過ぎる親とか、
そんな問題があるから、
作り得た、そんな内容。
文句ばかり書いたけど、
笑える場面が沢山あって、
とても楽しくて、いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 4

さつき

牛丼屋さんは「女子会食堂」になってますけど、
"あんなロマンティックな場所になるなんて・・"
え〜、何だろ?? 気になる???見てみた〜い!!
by さつき (2013-06-11 22:25) 

don

こんばんは~
映画史に残る牛丼屋。
見たいなぁ。

全盲の彼女・・・。
見所満載ですね。
by don (2013-06-12 22:39) 

青山実花

さつきさん
コメントありがとうございます。

女性同士で牛丼屋さんに入るというのも、
楽しそうですね♪
私はもうずいぶん長い間、
「牛丼屋さんに行ってみたい」と言っている気がしますが、
実現できていません。
映画のような事が本当にあるなら、
当事者にはなれなくても(笑)、
横で見守るくらいの事はしてみたいです。
さつきさんも、機会がありましたら、
この映画、ご覧になってみてくださいね。

by 青山実花 (2013-06-12 23:43) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

この映画、吉野家さんがかなり力を入れられている事が、
エンドロールでよく分かりました(笑)。
2度目の吉野家さんの場面が、
とっても切なくて・・・。
恋心に、場所は関係ないのですね(笑)。

機会がありましたら、
ご覧になって下さいね。

by 青山実花 (2013-06-12 23:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1